プロフィール

N

Author:N
人数揃った時に開催。
というかゲームしたら
強制的にレビュー(笑)

参加・見学・Nと雑談してみたい方大歓迎♪ お気軽に↓の問合せフォームよりおてがみ下さい(^^

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回開催のおしらせ(今ごろ

ていうか、今週末ですが(^^;
いちおーここに書いときます☆
おひまな方は、
★3/16日たぶん10時くらいから17時くらいまで
★鹿屋市西原J宅
でやってると思いますんで、ぜひ遊びにきてください
初参加や見学(フフフ‥)したい方も大歓迎☆メールフォームからNまでお気軽にご連絡ください♪

‥‥きっと土曜の夜からやってる方もいると思いますv
スポンサーサイト

スモールディール早く!(急かす他の人達)

■キャッシュフロー
人生ゲームかモノポリーのような形式のゲーム。職業決めてスタート。サイコロ振って進みます。「給料のために懸命に働く生活」を表す「ラットレース」と呼ばれる円をまわりながら、株や不動産、ビジネスなどに投資を行っていく‥‥けっこう時間が掛かります。人数分鉛筆必須&電卓推奨

・6人でやりましたがコマ作れば7人でもできたような‥‥今考えれば
・「ラットレースの中から抜ければ終わり」でいいのでは?抜けたあとはあまり‥(同意見は前回もアリ)
・外側に抜けてからかなり時間かかった。終わるときはすぐに終わるので時間に差はけっこうできると思う。人数もだが書いたり計算が遅かったりゲーム慣れしてないと相当かかるはず。。。
・ピンクのハプニングカードは記念に持ってていいのでは~
・始めていきなり銀行ローンに手が出るアップアップな人多発!
・サイコロ高速移動のビル管理人、子持ちポリスマン、どうみても騙されてる金欠医者、銀行1抜けエンジニア、平穏サクサクマネージャー、散財見栄はり弁護士で熱戦を繰り広げる
・外に出られる!等油断した瞬間に紫止まった方たちがアワレ。呪われてる(><?
・あまり平穏無事な人生ではなく借金してでも買いまくってる人結構いたので、初めてやるにしては皆ルールをよくわかっていたかも?最初あるローンの利率も把握できていたしw
・正直ほんとうに真面目にやってると抜けられない感じ‥‥チャンスを掴んだらバクチで(><!
・だからって貧乏なのに金貨を買ったり原野を買ったりは本物のバクチだろ~(笑)!

0803081.jpg


キャッシュフロー101(日本語版)
ロバート・キヨサキ 作
対象年齢:10歳~
プレイ時間:3時間
人数:?~6人

ええっ何でこのカード残ってるの!?

■あやつり人形
よくやるゲームで久しぶりに最レビューv
7人でやったのは初めてかも?

・意外とサクサクやりました。(前回はもっと長考していた)
・邪魔したり奪ったり凶悪にみえて意外と誰でも楽しめるゲームで、大人数ほどいいゲーム♪(4人以上推奨って前回書いた気が)
・さりげなく甘言多し(笑)!例:アレ殺さないとやばいよね~?
・泥棒と暗殺者があまり取られなかった‥‥(結局おいしくないという結論?)

・国王に居座るB2!政治が腐敗!裏金疑惑も?
・Jが紫(特殊)建物たてて走り出すが、赤のクラッシャーT3に壊され(GJv)あえなく撃沈
・堅実に高コストを積み上げトップを狙うC!1ターンの差で届かずT3に記念破壊される(爆
・狙われていたわけではないのに微妙に何かが偏り振るわず終わったP!
・殺されて奪われてビリ突っ走りのN!
・素直にその時に建てられる物をさくさく建てたOが、他者の足の引っ張り合いを尻目に抜け出して勝利♪軽コストでさっさと8つ建てて勝利って戦術アリなのね~
・以下雑談:最初は赤か青とって建物建てたりがいいんじゃない?~始めは商人が狙われやすい~国王居座り大変だぁ~でも暗殺者で邪魔するにも暗殺者自体がお得じゃないから誰かに甘言でxxx~

0803082.jpg

隊長!10回発掘して成果ゼロでした!

■テーベの東
遺跡発掘ゲームていうか「袋からタイル」の印象が強い

・10回引いてゼロだったり、6回引いて5回成果あったり、クジ運偏りすぎ(爆
・ボードをみるとすっきりしているが、意外と使うものが多くて説明が難しい‥‥汗
・時間=行動ポイントで、これをどのように使うかがポイント
・1回発掘したら、ハズレはまた袋に戻されるので、単純に初発掘ほど有利
・順番は、時間の一番遅い人からなので、一人が連続でやったり、何ターンも寝ている人も出る(笑
・運要素もかなりあるので、2人でも楽しめるかも
・カードの引きや位置や発掘の結果、ドンピシャ展示がくるか‥‥最後まで勝負はわかりませんでした☆
・1週(1年)した時のどの段階まで1回目の発掘でOKなのかこんがらがってしまった。これは超重要なルールなので全員確認してから始めましょう!
・学会の威力は侮れません。MAXは阻止しましょう‥

タイトル テーベの東
Jenseits von Theben
メーカー: Queen Games(クイーン, ドイツ)
作者: Peter Prinz
年齢 10才~
人数 2~4人 90分

元老院タダで入れんかいワレ~(説得中)

■クオ・バディス
ある意味非電源ゲームらしいゲームです
(人とやりあう交渉ゲームだからw)

・8個のコマ持ってスタート!元老院部屋めざします
・手番がくると、コマを下方部屋?に出すか、出ているコマを1歩進めるか、カエサルチップを移動するか選ぶ
・ただし部屋はそれぞれせまく、5コマいても3コマしか入れなかったりする
・部屋にいるコマ主の多数決で部屋に移動できたりできなかったりする
・そこで黒い交渉が始まります☆(今このコマ通るのに同意してくれたら、次このコマ通してやる~とか)
・元老院が満杯になると終了
・その時『点数』が高い人の勝ち
・点数は、同意してあげたり、交渉でもらったり、部屋-部屋移動の間にある通路でもらえるが、点数チップは裏向きになっているため、最後まで誰が勝っているのか微妙にわからない!(このシステムは素晴らしい笑)
・ちゃんと足を引っ張りあわないと誰かを放置すると一人勝ちされる恐れ大(爆
・騙し系~交渉系~多数決系と聞いて尻込みした人はやらないほうがいいです



タイトル クオ・バディス
原題タイトル Quo Vadis
会社・出版社 Hans im Gluck,Mayfair,Amigo
デザイナー Reiner Knizia
プレイ人数 3-5人
対象年齢 10+
プレイ時間 75分

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。