プロフィール

N

Author:N
人数揃った時に開催。
というかゲームしたら
強制的にレビュー(笑)

参加・見学・Nと雑談してみたい方大歓迎♪ お気軽に↓の問合せフォームよりおてがみ下さい(^^

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一のアタック!「6枚流し」

■郵便馬車
人数:4人

レビュー:
・都市名覚えられねーよ(><!!アメリカでも読めなかった我らにドイツを読めと‥‥。
・6枚流しの時に皆が何か叫んでいたがなんていってたっけ‥‥汗
・2時間かかりました。面白かったけどひどく疲れた(@@
・あまりに妨害要素のあまりないゲームなので、わりと平和に楽しめると思います♪
・平和だったので、戦闘殺戮に燃えていた方たち(例:M2)は少々凶暴になっていたかもしれません(‥?
・4人までしかできない‥‥ゲームは逆にあまりないので入れやすいかもしれない。ただし時間がかかる(初めてだったから?)。
・山札から取ると負けるジンクス発生(笑)!?
・K2さん、説明&フォローありがとうございました(><

郵便馬車 Thurn und Taxis
Hans im Gluck社 Karen & Andreas Seyfurth作
プレイ人数 対象年齢 プレイ時間
2~4人 10歳以上 60分
スポンサーサイト

<< 開店パーティします | ホーム | ‥‥‥‥‥(長考) >>


コメント

見てただけ~

見てただけでしたが、「あ~でもない、こ~でもない」とわりと楽しんでました(笑)
これはJ2の言う「後半車大工理論」が強いのか、うちの言う「階段式馬車獲得理論」が強いのか、ぶっちゃけどっちでもいいのか、是非検証してみたいところです。

計画的・戦略的視野は必要ですが、細かい計算は必要ない良い意味での大雑把なゲームですから、慣れればあまり疲れないと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。