プロフィール

N

Author:N
人数揃った時に開催。
というかゲームしたら
強制的にレビュー(笑)

参加・見学・Nと雑談してみたい方大歓迎♪ お気軽に↓の問合せフォームよりおてがみ下さい(^^

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええ、(貴方の推理は)そうなんじゃないでしょうかねぇ(肯定ver)

■クルード(クルー)Cluedo/Clue

あぅ‥前回のレビュー抜けてました(^^;
ごめんなさい

探偵になった気分で謎解きが楽しめるボードゲーム。「犯人」「凶器」「犯行現場」が描かれた計21枚のカードのうち、各1枚を封筒に入れ、殺人事件に見立てる。その殺人事件(3枚のカード)を各自に配られたカードを基に消去法、帰納法で当てる。←というゲーム。とうとうコピペに‥汗

レビュー:
・6人でやったっけ汗?
・最初からいきなり確定情報が多発!
・推理したくても、よく部屋の入口が混む(笑)
・しかも推理したい部屋が遠い(笑)
・犯人が確定してくると、そのキャラの人は激しく部屋移動
・他人の推理を否定する時の肯定する時の台詞は決まっているのだろうか(‥?「いえいえ、そんなことはないんじゃないですかねぇ(カード見せる)(否定ver)」
・持つ3枚のカードが「部屋」「部屋」「部屋」だったりもするのでなかなか面白いです
・皆鉛筆持って一生懸命書き込みながら唸るゲームです♪
・6人だと、1/2くらいの確率になったらもう推理しないと順番回ってこなくて間に合わないかも?


クルード(クルー)Cluedo/Clue
作者 Anthony E. Pratt
メーカー トミーダイレクト
プレイ可能人数 3~6人
年齢 8歳以上
スポンサーサイト

<< 未UPメモ | ホーム | おいでませ☆賑やか収容所♪ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。