プロフィール

N

Author:N
人数揃った時に開催。
というかゲームしたら
強制的にレビュー(笑)

参加・見学・Nと雑談してみたい方大歓迎♪ お気軽に↓の問合せフォームよりおてがみ下さい(^^

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ああっ!持ってる材料忘れたっ!

■銅鍋屋
2人でやるカードのゲーム。
説明がむむむずかしい(><
☆説明は下のばたやんさのコメントみてください♪(とうとう放棄笑)
ばたやんさん詳しい説明ありがとうございます(><!!

レビュー:
やりながらいろんなことを話してました
・もしかして4は最初に取らない方が、最初はできるだけ1取った方が‥‥
・え?同じ色で2種類絵があるぞ(爆)
・同じ絵を集めるんだよ
・計算忘れでよく端っこ(1休み)に自爆衝突☆
・下にあるカードを忘れる忘れる(笑)
・自分のカード覚えて、相手の狙い考えて、鍋具合みて、まったりと忙しいゲーム(笑)
・計算する必要もないほど一目でわかる圧勝×2回でNの勝利でしたv Jの方が得意なゲームだとは思うんだが‥‥。
・面白いのに何回もやる気は起こらないゲーム(知らぬ間に疲れているのか?)


銅鍋屋 Kupferkessel Co./G.ブルクハルト/ゴルトジーバー
2人/6才~/20~30分
スポンサーサイト

<< 奴隷で色街づくり!? | ホーム | 「よし、5回勝つぞ!」←自爆候補 >>


コメント

銅鍋屋

Nさんに代わって(貸し出した張本人の)うちが解説しましょう。

6×6(4隅はアイテム無し)の32枚に商品が並んだ魔法材料店の周りをぐるぐる回って魔法の材料を集めていくカードゲーム。
以前に取った材料は今取った材料で隠れるので、全て記憶しておかないとイケマセン。取った材料に書かれている数値の数だけ次に進むので、材料を取る時は次・そのまた次を計画していく必要があります。とゆーことで計画性と記憶力が試されるゲームになってます。
店の外周をぐるぐる回って止まった所の行または列にある6枚から好きな材料を取ります(4隅に止まったら何も取れない)。空いた商品棚には山札から商品が補充されますが、山札が無くなったら棚は空っぽのまま、そしてどこか一列(一行)の棚が空っぽになったらゲーム終了。
各種類(一種類4枚ずつ)の材料には1~4の数値が書かれてあり、数値は次に進む歩数兼得点になります。
ただし、1枚しか取ってない種類の材料はマイナス点になってしまうから注意!2枚取ってると±0点、3枚以上でやっと得点になります。4枚コンプリートするとさらにボーナス+5点!だから、材料を4枚全て集めるのが大事だし、(たとえ減点になっても)相手の集めてる材料にチョッカイ出して邪魔するのも大事。特に[1]点の材料は集めるにしろ妨害目的で取るにしろ優先的に取っておきたい。[1][2][3]と集めて相手に-4点を強いる(もし相手が取らなかったら自分で取ってコンプリートで+9点!)とかが出来たらGood。

もちろん、「何の材料を集めてたか?」を記憶してないといけないため(相手の集めてる材料も、ですよ?)、
「あれ?この材料は何枚集めてたっけ?」
「ひょっとしてその材料、コンプリートされちゃった?!」
とゆー事態が有り得ます(笑)

以上が概要ですが、この他にも「魔法の帽子(もう一度移動)」「鍋破裂(相手の材料を1枚山札に戻す)」「自分の色の材料は点数倍付け」という要素があります。

結構頭使うゲームですけど、二人でまったり遊べます。プレイ時間も短め。
NさんよりJくん向け?(笑)ですが、勝てましたか?レポートよろしく(笑)

ばたやんさんありがとうございました~☆
これ、材料の種類が倍ぐらいあったら本当に記憶勝負になりそうですね(^^;

これ以上材料が増えたら覚えられません(笑)
ってゆーかうちは記憶力系のゲーム、マンマミーアとかツィッケ・クァッケ・ヒューナーカッケ(にわとりのしっぽ)とかは苦手なんです(笑)
歳のせい、とゆーことで(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。