プロフィール

N

Author:N
人数揃った時に開催。
というかゲームしたら
強制的にレビュー(笑)

参加・見学・Nと雑談してみたい方大歓迎♪ お気軽に↓の問合せフォームよりおてがみ下さい(^^

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隊長!10回発掘して成果ゼロでした!

■テーベの東
遺跡発掘ゲームていうか「袋からタイル」の印象が強い

・10回引いてゼロだったり、6回引いて5回成果あったり、クジ運偏りすぎ(爆
・ボードをみるとすっきりしているが、意外と使うものが多くて説明が難しい‥‥汗
・時間=行動ポイントで、これをどのように使うかがポイント
・1回発掘したら、ハズレはまた袋に戻されるので、単純に初発掘ほど有利
・順番は、時間の一番遅い人からなので、一人が連続でやったり、何ターンも寝ている人も出る(笑
・運要素もかなりあるので、2人でも楽しめるかも
・カードの引きや位置や発掘の結果、ドンピシャ展示がくるか‥‥最後まで勝負はわかりませんでした☆
・1週(1年)した時のどの段階まで1回目の発掘でOKなのかこんがらがってしまった。これは超重要なルールなので全員確認してから始めましょう!
・学会の威力は侮れません。MAXは阻止しましょう‥

タイトル テーベの東
Jenseits von Theben
メーカー: Queen Games(クイーン, ドイツ)
作者: Peter Prinz
年齢 10才~
人数 2~4人 90分
スポンサーサイト

<< ええっ何でこのカード残ってるの!? | ホーム | 元老院タダで入れんかいワレ~(説得中) >>


コメント

このゲーム、発掘力を高める方法が多岐にわたるのと、時間軸という特殊なルール、移動にかかる日数と習得の日数など、結構インストが難いですよねぇ。
うちのグループでは苦手な人が多いですが、巷ではいまだに結構な人気があるみたいですね。

オビ湾さんいらっさーいv

やっぱりそうなんですね!ルールも「~だよね?」と確認するところ意外と多くて、あと、いくらいいカード集めても発掘失敗したらダメだったり(爆)点数積み上げじゃなくて、奪い合いだから平穏?好きなNは苦手です~(><

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。